上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは^^

 
 昨日の休日は毛髪の基礎知識とパーマについて
 パーマ薬剤と前処理剤の選定と実践の講習会でした。


 これは基礎的な事なのですが、何回やっても基礎から
 得る事が多くあるんですね。


 うん、日々カット技術やヘアサイエンスは進化し、
 基礎の底辺も変わってくるからなんですね。


 非常に勉強になりました^^


 そこで本当の基礎の基礎なのですが、やはり髪自体の
 油分や水分は欠かせません!
 髪自体では自己修復力がないため、油分と水分を
 入れ込む事でダメージを補うということですね。


 では肌について考えてみるとどうなのでしょうか?



 理想的な状態


 基本的に肌の表面からは皮脂が出て油分の調整をし
 乾燥を防いだり、ウィルスなどの侵入を防いだり
 しています。


 皮脂腺から分泌される皮脂は天然の保湿クリームを
 作ってくれる皮膚常在菌の表皮ブドウ球菌には
 欠かせない脂です。

 つまりこの皮脂と表皮ブドウ球菌が作りだす皮膚によって
 皮膚表面に潤い与える事が理想的
な状態なのです。



 なぜ洗浄するのか?

 石鹸やボディーソープやクレンジング剤で洗浄するのは
 人間の社交性に問題があるのではないかと思います。


 皮脂や汗が出て体臭が気になったり、見た目もあまり
 良くありませんよね^^;


 臭いの原因は皮脂や汗ですから、脂を分解する界面活性剤
 が使われたのですね。

 
 皮脂はお湯でも十分に洗い流せるのですけど、洗い上がりの
 爽快感や清潔感から界面活性剤による洗浄が定着したのだと思います。


 しかし元々皮膚の皮脂や汗は洗浄力の強い物に耐えるように
 できていない
ため、皮脂や汗だけでなく皮膚に必要な油分まで
 洗い流してしまう事になったのではないかと考えています。
 (皮脂の分泌量や洗浄剤も様々ですべてというわけではない。)




 化粧品の本来の役割と勘違い?

 
 ここで一旦話を戻してみて、ではもともと皮脂の分泌量が
 非常に少なく、自分の持つ代謝では理想的な皮脂膜が作れない
 場合はどうすればよいのでしょうか?


 皮脂の分泌が少ない場合、肌表面は乾燥し黄色ブドウ球菌という
 悪い常在菌が繁殖し痒みが出たりします。


 加齢による皮脂の分泌量の低下でも肌は乾燥しますね。


 当然のことながら脱脂力の強い洗浄剤(シャンプー剤やクレンジング剤)
 で洗っても肌が乾燥します。


 ということは、この場合はなんらかの方法で脂を補給し
 肌に潤いを与えてあげなければいけないですね。


 化粧品でいう油分や水分の補給はこの表面の足りない皮脂
 の量
だけでよかったのだと思います。


 しかし過度に保湿するものや表面だけでなく内部まで浸透する
 ものまで沢山の化粧品が販売されています。


 過度に保湿するものは皮脂本来の分泌を低下させ、内部まで
 浸透させるものは皮膚表面のバリア機能も壊すので、
 かなりリスクが伴うと考えます。




 まとめ


 皮脂が普通に出る場合はお湯や洗浄作用の低いもので、
 乾燥しない程度に洗う。


 皮脂がほとんどでない場合はお湯のみで洗い、乾燥
 して足りない分だけ皮脂に近い脂で補給する。


 加齢等で皮膚内部の脂質の全体量を浸透剤を使って
 補う場合は、表面のバリアも壊れてしまい、それと
 同時に有害な成分も混入するリスクを理解して使用する。





 この記事はリンク先にもありますが

 torablogのtoraさん

 ゆるゆると美人になりたい!のsnowwhiteさん

 お肌自己再生中!!のかいわれさん

 あとは小澤王春さんの「正しい化粧品が美肌をつくる」


 を参考に私の意見を含めて書かせてもらいました。


 皆様どうも有り難うございました^^


 
 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 




 

 
 
コメント
はじめまして^^
toraさんブログからお邪魔しました☆

とても分かりやすく簡潔にまとまっていて、
勉強させて頂きました!

ケミカルは悪い事ばかりなのに、
どうしてこんなに世の中に浸透してしまったのだろう…と考える事があるのですが、
確かに社交性を重んじるようになってからかもしれないですね!

確か大昔は髪の毛洗うのは1年に1回とか、
身体もお香で済ませていたと聞いた事があります。

私は顔も身体も皮が剥けちゃうタイプなのですが、
お湯だけで洗うようになったら体臭が弱くなったように感じています。

毎日お風呂に入って、汗をかいたら拭う…それだけで体臭ってだいぶ抑えられるし、
ひょっとしたら身体に残るケミカル成分が悪臭の原因になるんじゃ…?と最近思っています。

世の中にもっとケミカルの恐ろしさが広まればな~と思いますが、
そうなると消費が減っちゃって経済問題になっちゃいそうですよね^^;

またお邪魔させて頂きます♪
2010/05/26(Wed) 13:38 | URL | Ryo | 【編集
西洋文化に対する憧れ?
こんにちは!
以前に記事にすると仰ってたのは、今回のことですね?

解りやすくて素晴らしいと思います!
過剰なケアというのは、周囲がそうしているから…という理由が大きいと思います。
まさに社交性ですね。
また日本人は西洋文化に対して憧れというか、進歩的であるという刷り込みみたいなものがあるので、高度経済成長期にマンションが先進的に見えたように、化粧品のあれこれも入ってきたのではないかと思います。これは政治的でもありそうです(笑)

それから実は『加齢による皮脂の分泌量の低下』というのが気になっていまして…これって年齢で言えばどのくらいの年齢なんでしょうね?
皮脂欠乏症という病?がありますが、これは40代からが多いと聞きます。
ではそれ以前の方で乾燥肌と言われる方は、元々の体質なのでしょうか?それとも洗浄剤で過度に洗いすぎだからでしょうか?保湿剤に頼りすぎたからでしょうか?

もっと突っ込んで考えたときに、まず食物がどのように分解されて皮脂になっていくのか?を知る必要があるかもしれません。
ホルモンの分泌の低下が皮脂の分泌の低下を招くとよく聞きますが、本当なんでしょうかね?
のんびり勉強してみます(笑)

『足りないものだけ補給する』という考え方は、改めて考えてみても、それ以上はないな…と思ってしまいます。
肌メタボも気をつけなければ(笑)

長くなってしまいました(汗) 失礼しました。
2010/05/26(Wed) 14:58 | URL | tora19 | 【編集
わ、びっくりしました
ふむふむと読んでいたら、最後に拙ブログの紹介、ありがとうございました♪
最近、更新が途絶えがちですが頑張ろうと思いましたよ~ありがとうございます。

人間の社交性って大きいですね。
特に和をもってなす日本人にとって社交性は大きなことなのではないでしょうか?
それゆえに過剰な洗浄剤などが生み出され、過剰なまでに清潔を考えるようになったというサイクルが見えてくるような気がします。

ブログで何度か書かせてもらっていますが、わたしは体を洗わない生活を15年近く続けていますが、なんら問題はありません。ええ、本当にクリームもオイルも塗らず、一年中、一定の潤いを保っています。

でも、顔は過剰なお手入れをした結果、ちょっと困難(?)が生じてしまい、今、必死に何もしないというか過剰なお手入れが要らないお肌に戻そうと頑張っていますが、なかなか(汗)
わたしは皮脂はケッコーあるんですよね~
今の季節はケッコー化粧崩れなども気になるときがありますし
昔はそれでもクリームを塗っていたけれど、今はそれだけ自分で皮脂をまかなうことができるならいかにして引き算できるかとばかり考えています。

壮大な話になりますけれど、文明の発達と社会の発達が余裕を生み出し、過剰な何かに手をだすようになったんでしょうね・・・
素朴な生活に戻ろうと今、模索中です。。。。
2010/05/26(Wed) 18:49 | URL | snowwhite | 【編集
Re: はじめまして^^
> toraさんブログからお邪魔しました☆
>
> とても分かりやすく簡潔にまとまっていて、
> 勉強させて頂きました!
>
> ケミカルは悪い事ばかりなのに、
> どうしてこんなに世の中に浸透してしまったのだろう…と考える事があるのですが、
> 確かに社交性を重んじるようになってからかもしれないですね!
>
> 確か大昔は髪の毛洗うのは1年に1回とか、
> 身体もお香で済ませていたと聞いた事があります。
>
> 私は顔も身体も皮が剥けちゃうタイプなのですが、
> お湯だけで洗うようになったら体臭が弱くなったように感じています。
>
> 毎日お風呂に入って、汗をかいたら拭う…それだけで体臭ってだいぶ抑えられるし、
> ひょっとしたら身体に残るケミカル成分が悪臭の原因になるんじゃ…?と最近思っています。
>
> 世の中にもっとケミカルの恐ろしさが広まればな~と思いますが、
> そうなると消費が減っちゃって経済問題になっちゃいそうですよね^^;
>
> またお邪魔させて頂きます♪

Ryo さま

こちらこそはじめまして^^
コメント感謝です!

toraさんのブログでRyoさんのコメントは
こっそり拝見させてもらっています。

私も肌がかなりの乾燥タイプなので、とても
共感できる事が多いのですよ^^
Ryoさんのおっしゃる通り何も付けなくても
匂い等は全くきになりませんね。

もともと肌は老廃物の排出器官なのに、
油分や有効成分を入れ込む事はおかしいのですけどね^^;
経済効果を考えるといいような悪いようなですね。(笑

いくら美しくするためとはいえ、敏感肌やアレルギーに対する
ガイドラインをもっと強化するべきだと思うんですよ。
でもでも、肌に悪い物は悪い物なんですけどね。。。。

こちらからもお邪魔させて貰います^^
有り難うございました。
2010/05/26(Wed) 21:44 | URL | はる | 【編集
Re: 西洋文化に対する憧れ?
> こんにちは!
> 以前に記事にすると仰ってたのは、今回のことですね?
>
> 解りやすくて素晴らしいと思います!
> 過剰なケアというのは、周囲がそうしているから…という理由が大きいと思います。
> まさに社交性ですね。
> また日本人は西洋文化に対して憧れというか、進歩的であるという刷り込みみたいなものがあるので、高度経済成長期にマンションが先進的に見えたように、化粧品のあれこれも入ってきたのではないかと思います。これは政治的でもありそうです(笑)
>
> それから実は『加齢による皮脂の分泌量の低下』というのが気になっていまして…これって年齢で言えばどのくらいの年齢なんでしょうね?
> 皮脂欠乏症という病?がありますが、これは40代からが多いと聞きます。
> ではそれ以前の方で乾燥肌と言われる方は、元々の体質なのでしょうか?それとも洗浄剤で過度に洗いすぎだからでしょうか?保湿剤に頼りすぎたからでしょうか?
>
> もっと突っ込んで考えたときに、まず食物がどのように分解されて皮脂になっていくのか?を知る必要があるかもしれません。
> ホルモンの分泌の低下が皮脂の分泌の低下を招くとよく聞きますが、本当なんでしょうかね?
> のんびり勉強してみます(笑)
>
> 『足りないものだけ補給する』という考え方は、改めて考えてみても、それ以上はないな…と思ってしまいます。
> 肌メタボも気をつけなければ(笑)
>
> 長くなってしまいました(汗) 失礼しました。

tora博士

とても考えさせられるコメント
感謝です^^
そうなんですよ。。。
自分の描いてた肌に対する構想を
旨く文章し出来ていませんが、
大方こんな感じです。。。。汗

加齢による皮脂の分泌を保護するために
表皮の表面に油分を補給する必要性を
小澤王春氏が書いていたのです。

で、ちょっと過去の記憶を辿ってみたのですが、
私が20歳の専門学生時代にめっちゃイケメンの
友達がいて、お湯や水以外で洗顔したことがないと
話してたのですね。
体はボディーソープで洗ってたみたいですけど。。。。
もちろんイケメンで顔もツヤツヤです。(笑

そんじゃー私もって何も使わないようにしてみたのですよ。
2年くらい何も付けずに洗顔してたのかな~
で、その当時でも冬場はお湯洗いだけでもカサカサしてた
のでやはり元々個人差で皮脂の分泌が少ない人は適度な
油分の補給は必要なのではないのかと考えてるのですよ。

洗浄剤や保湿剤による皮脂分泌の低下の場合はtoraさんが実践
されている何も付けない角質培養はとても効果があるものである
と確信しています^^

加齢による皮脂低下と真皮の機能低下をどうやって遅らせるか!
またはノーリスクでどう復元させるか!
食生活の見直しや今後の医学にも期待したいですね^^
2010/05/26(Wed) 22:05 | URL | はる | 【編集
Re: わ、びっくりしました
> ふむふむと読んでいたら、最後に拙ブログの紹介、ありがとうございました♪
> 最近、更新が途絶えがちですが頑張ろうと思いましたよ~ありがとうございます。
>
> 人間の社交性って大きいですね。
> 特に和をもってなす日本人にとって社交性は大きなことなのではないでしょうか?
> それゆえに過剰な洗浄剤などが生み出され、過剰なまでに清潔を考えるようになったというサイクルが見えてくるような気がします。
>
> ブログで何度か書かせてもらっていますが、わたしは体を洗わない生活を15年近く続けていますが、なんら問題はありません。ええ、本当にクリームもオイルも塗らず、一年中、一定の潤いを保っています。
>
> でも、顔は過剰なお手入れをした結果、ちょっと困難(?)が生じてしまい、今、必死に何もしないというか過剰なお手入れが要らないお肌に戻そうと頑張っていますが、なかなか(汗)
> わたしは皮脂はケッコーあるんですよね~
> 今の季節はケッコー化粧崩れなども気になるときがありますし
> 昔はそれでもクリームを塗っていたけれど、今はそれだけ自分で皮脂をまかなうことができるならいかにして引き算できるかとばかり考えています。
>
> 壮大な話になりますけれど、文明の発達と社会の発達が余裕を生み出し、過剰な何かに手をだすようになったんでしょうね・・・
> 素朴な生活に戻ろうと今、模索中です。。。。


snowwhiteさん

コメント感謝です^^
驚かしちゃいましたか。。。。(笑

ほんと、おっしゃる通り過剰な商品が多いですよね^^;
なんか、今更オーガニックとか自然派とか合成界面活性剤
使用してませんとか謳った商品が高額で出回ってる自体が
まずありえないと思っています。(笑

反対に考えるとそれまでは肌に害のある商品を散々売ってきたにも
関わらず、謝罪の一言がない。。。。。
脂性肌用なのに付けるものは脂だったりする。。。。

社会の発展と科学の進化によって人々の欲は満たされているのかも
しれませんが、自然や人体に与える影響力も比例してると思います。
この両者の共存が今からの課題のようなきがしています。


2010/05/26(Wed) 22:20 | URL | はる | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。