上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは、はるです^^


 今日は金属アレルギーについてです。


 まず金属アレルギーとはどういう状態
 なのかといいますと、

 普通は金属そのものは人体に対して
 害のない物なのですが、汗や唾液などの
 体液によってイオン化した金属が取り込まれて
 皮膚等にアレルギー反応が出る
のです。


 ちょっとアクセサリーを付けるのが怖くなりました。。。。汗


 例えば時計やベルト・ネックレス・ピアス。リング
 あと歯の治療の使われる金属も原因になりますね。


 私は昔から虫歯が多くて銀歯があちこちに^^;


 銀歯の金属が原因のアレルギーは遅延型と呼ばれ
 なかなか原因がわからないことが多いそうです。


 金属アレルギーの検査方法
 

 口腔内検査


 視診やレントゲンによる検査です。
 口腔と歯の状態、金属の存在をチェックします。


 歯科金属検査

 
 金属での帯電試験、機器による金属の漏出度測定です。
 多種類、多数の金属が使われていればいるほどリスクが高くなるようです。


 パッチテスト


 アレルギーの疑いのある材料を肌に付けて肌の反応を見る検査です。
 市販品もありますが、一般的には内科医や皮膚科医が行うそうです。


 毛髪ミネラル検査


 0,2g(約150本)の毛髪を採取して分析します。
 採取量は少量ですから、毛髪を切ったことは全くわかりません。
 頭髪に蓄積されている有害金属レベルなどを測定します。



 リンパ球刺激試験


 リンパ球幼弱化テストとも呼ばれます。
 血液から取り出したリンパ球に、アレルギーの原因である
 口腔内金属を 取り込ませることによって過敏性を有するかどうかを
 確認する検査方法です。


 唾液分析


 口腔内検査の一環として行われます。
 唾液の性質を測ります。(金属の腐食に影響する場合もあります)


 金属含有レベル検査


 リンパ球刺激試験や生活環境検査と同時に行われます。
 血液中に含まれている有害金属の含有レベルを測定します。



 生活環境アレルギー検査


 アレルゲン全てを対象にした総合的なアレルギー検査です。
 疑わしいアレルギー項目のアレルゲンすべてについて調べます。



 治療と対策


 1. アレルギーとなっている金属を触れさせない。


   身につけている金属(ピアス、リング、ネックレス等)を外す。

   どうしても付けたい場合は安全性の高い物に変えてこまめに汗を拭く。
   (チタン、金、プラチナの含有量が多い物が安全とされている。)


 2. 歯の詰め物を安全性の高い物にかえる。


   皮膚の症状に比べて、歯の詰め物によるアレルギーは
   気が付きにくいのですが、健康障害を起こす危険性は
   高いと考えられています。


   金属アレルギーを多く扱う歯科クリニックで行ってもらうことが大切です。
   金属を除去した後は、できる限り安全性の高い材料で再修復を行います。


 3. デトックス


   EDTA点滴キレーション療法によるデトックスで
   体内に残留した有害金属を解毒、排泄します。
   発汗やサプリメントによる解毒にもある程度の効果があります。


   デトックスの際には有害なミネラルだけでなく、必須ミネラルも
   排出されてしまうので、サプリメント等で摂取することが必要です。


   
  以上が金属アレルギーについてです。

  
  もっと詳しく知りたい場合は下記のサイトを閲覧下さい^^

  
  金属アレルギー学会



  ランキングに参加しています。


 人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  


 

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/14(Fri) 21:46 |  |  | 【編集
避けるしかないか…
こんばんは!toraです~

金属アレルギーになったら、もう避けるしか方法がないんですね…
汗かきなもので、夏の蒸し暑い日にはサンダルの留め金にも反応してしまいます。
仕方がないので、テーピングを裏に貼ったりしてますが。透明マニキュア塗ったり。

これ以上ひどくならないようにしないと、結婚指輪が出来なくなっちゃいそう…

ピアスを開けたときに、もっともっと慎重に処置すればよかったなあ…と
後悔しきりです(泣)



2010/05/14(Fri) 22:26 | URL | tora19 | 【編集
Re: 避けるしかないか…
> こんばんは!toraです~
>
> 金属アレルギーになったら、もう避けるしか方法がないんですね…
> 汗かきなもので、夏の蒸し暑い日にはサンダルの留め金にも反応してしまいます。
> 仕方がないので、テーピングを裏に貼ったりしてますが。透明マニキュア塗ったり。
>
> これ以上ひどくならないようにしないと、結婚指輪が出来なくなっちゃいそう…
>
> ピアスを開けたときに、もっともっと慎重に処置すればよかったなあ…と
> 後悔しきりです(泣)

toraさん

コメント有り難うございます^^
サンダルの留め金までですか!
とっても敏感なんですね^^;

接触してる箇所が明確ですから
避けるしかなさそうですね。
女性は男性に比べて金属を
身に付ける事が多いと思うので
ちょっと残念ですね。。。

でもアイデアの宝庫のtoraさんの
ことだから克服するような気がしてます^^

2010/05/14(Fri) 23:15 | URL | はる | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/15(Sat) 03:48 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。