上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは、はるです^^


 最近は合成界面活性剤が人体に危険 
 だということが一般的になってきたせいも
 あってドラッグストアやスーパー等で
 沢山の種類の石鹸をみかけます。


 でも形は石鹸でも中身は合成界面活性剤
 であったり、石鹸と複合であったりする
 商品も多いのが現実です。


 ではどうすれば見分けられるのか?


 表示成分に書いてあれば調べてから
 購入すれば良いのですが、表示して
 いない商品も多いのです。


 ですから見分けるには実際に使ってみる。



 これしかないです!


 使ってみて洗面器等に石鹸特有の石鹸カスが
 浮かぶようですとまず安全
です。


 注意してほしいのは商品のパッケージになめらかな
 洗い上がりとか、美白
系のコピーが書かれてあれば
 合成界面活性剤が入っていると判断していいと思います。


 以上が簡単に安全な石鹸をみわける方法でした。


 石鹸の種類についてはこちら



 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
コメント
No Title
こんばんは。

コメントありがとうございました^^

私も石油系の合成界面活性剤は
避けるようにしています~~



2010/04/07(Wed) 01:20 | URL | ラム | 【編集
No Title
ご訪問、コメありがとうございます

すっごいわかりやすい説明ですね。
お客様に、説明するのに
判りやすく、口で説明するのって
難しいんですよね
勉強になります m(_ _)m

又遊びに来させていただきます (*^▽^*)
2010/04/07(Wed) 12:46 | URL | 加夢 | 【編集
石鹸の判別方法
 ラムさん。

コメント有り難うございます^^

石油系合成界面活性剤は市販の
シャンプーなどに乱用されてるので
危険ですね^^;

販売店に刺激LVを示す表などが
あればいいのですけどね^^

加夢 さん。


有り難うございます^^


もっともっと髪と肌に有効な
情報を記事にしようと思います
のでよろしくお願いします^^

2010/04/07(Wed) 21:47 | URL | はる | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。