上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
 こんばんは、はるです。


 今日はシャンプー剤に関して書きますね。


 今、市場では沢山のシャンプーが販売されていますが、
 選び方としての順位は、

  
 1.有害なものでないこと。
 2.髪の現状(痛み)に効果があること。
 3.値段
  

 私はこの順位でシャンプーを選んでいます。


 しかしながら、販売されているほとんどの商品
 は有害なものというのが残念ながら現状です。



 なぜかと言いますと大抵のシャンプーは
 石油合成のものであるということ。
 石油合成製品はシャンプーに限らず、動物はほとんど
 といっていいほど有害です。

  
 よく耳にするアレルギー性皮膚炎などは、
 これが原因で発症することが多く最近患者さんの数も
 急増しているみたいです。


 更に言うと、小川なども合成石油系の垂れ流しによって
 生物が死滅して言っているみたいです。

  
 じゃあ、どうやってシャンプーを選んだらいいのか
 ってことになるのですが、合成石油系のなかでも
 洗浄成分の低いもの(低刺激)のもの、あるいは、
 無添加なものが良いと思います。


  
 例としては、主成分がベタイン系、アミノ酸系
 のものは信頼できると思います。


 ベタイン系の例
   ↓
 ラウロイルプロピルベタイン


 アミノ酸系例
   ↓
 ココイルグルタミン酸


  
 主成分は、基本的には、成分表示の欄のはじめの
 方にでてくる成分とみてもらえればいいです。
  

 大体は、主に水が、使われているので、はじめに
 水から表記されています。

  
 これは危険なの?っていうのありましたら、
 商品名を教えてください。
  

 わかる範囲でお調べします^^

  
 シャンプー同様ボディソープも同等に
 考えてもらえたらと思います。


  
 補足として、髪も体も石鹸で洗うと安全性が高いです。  
  


 意外と(え?そうなの)っていう返答する
 お客様多いですが事実です。


 お試しあれ^^


 ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。