上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 AGAの治療薬にフィナステリドとミノキシジルが
 あります。

 この両者はAGAの症状改善にはとても有効的だといえます。


 しかしAGAではない脱毛症には効果がなかったり、
 希薄だったりする
のです。


 例えば円形脱毛症であれば局所免疫療法が有効的であったり、
 脂漏性脱毛症には抗菌剤が効果的ということになります。


 風邪には胃薬ではなく風邪薬が効果があるのと同じですね。


 CMやインターネットで宣伝されているせいか、
 AGAの治療薬であるプロペシアやリアップは
 薄毛に効果があると薄毛全般の治療薬であると
 思い込んでる方は少なくありません。


 確かに男性の3分の1はAGAになるという統計が
 出ていますので、多くの方は該当されると思うのですが。


 薬代や労力を考えますと、はじめに脱毛の特徴を調べて
 自分の脱毛症を特定してから治療を行った方が
 良いと思います。
 

 1. 自分の症状と各脱毛症の特徴を照らし合わせて、
   どの脱毛症なのかを特定する。

 2. 薬で治せる症状であれば服用し、特別な治療が必要であれば
   皮膚科や毛髪外来で診察を受ける。
  (自分で判断できない場合も皮膚科や毛髪外来で診察を受ける)

 
 脱毛症は皮膚科学ですので、わからなければ皮膚科で
 診てもらう事をお勧めします。


 
ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。