上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは^^

 前回に引き続きましてお勧め本シリーズです。↓↓↓


自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典
(2005/10)
小澤 王春

商品詳細を見る


 自分で調べて採点できる
 化粧品毒性判別辞典
 (小澤 王春)

 著者の小澤氏は美容化学評論家で
 東京美容化学研究所所長でもあり、
 化粧品に対する女性の正しい知識の
 向上を目指し、正しい美容化学の普及と
 基礎化粧品の開発に従事されている。


 私のお勧め度と感想
 
 私が小澤氏の本に出会ったのはこの判別本が
 最初ではありません。

 肌が弱くアレルギー体質だった私が肌や
 化粧品に関する本を沢山読んできたのですが、
 その中でも界面活性剤に関する強烈なインパクト
 を与えた「騙す化粧品」「バカがつける化粧品」
 の著者が小澤氏だったからです。

 上記の2作品に関してはまた後日レビューするとして
 小澤氏が訴えたいのは、一貫して界面活性剤の危険性 であることなのです。

 界面活性剤はあらゆる洗浄剤や各種化粧品にかなりの割合で
 配合されてあるので、その危険度を知ることで肌に悪い
 化粧品を見極める事ができる。

 内容は基礎的な肌の構造と各専門用語の説明からはじまり、
 △や■を使い約6200種もの成分の危険度を表示しています。

 界面活性剤の毒性について30年間主張してきたことから
 かなり辛口の採点になってると私は思いますが、
 敏感肌の方は逆にこれくらい注意しないといけないの
 かもしれません。

 △や■の数で判別した商品を使って良いのか悪いのかも
 わかるようになっていて、成分に関して何もわからない
 方でもこれ一冊でかなり危険は回避できると思います。

 値段が3150円とかなりお高いのが難点ですが、
 これ一冊で安心してこれからの化粧品等の選択ができるように
 なるのであれば安いような気がします。
 自分の知識も向上しますしね^^

 慣れてくると判別本なしでも判別できるようになり、
 高価な美容液や、化粧水にも意外と危険な成分が
 入っていることがわかり、かなりショックを受けます。。。

 最近はキャッチコピーだけでもある程度予想できるように
 なってきました。(笑


 私は読書派ですから購入しましたけど、ネット検索派の方は
 判別に便利なサイトがあるかもしれませんので、ご自分に合った
 判別方法を試していただければと思います。



 ポチっと応援よろしくです!

 
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
コメント
これ、これ。
わたしも気になっています!
でも、もう基本的に基礎化粧品は手作りオンリーだからいらないのか・・・?と悩み途中。
基礎以外のメイクはがっちりケミカルですからね~
コレを読んで使わなくなるとちょっと勿体無いし・・・と言い訳しながら未だに購入に至らず・・・とほほ
でもいつかは読んでみたい本です~
2010/06/03(Thu) 17:03 | URL | snowwhite | 【編集
Re: これ、これ。
> わたしも気になっています!
> でも、もう基本的に基礎化粧品は手作りオンリーだからいらないのか・・・?と悩み途中。
> 基礎以外のメイクはがっちりケミカルですからね~
> コレを読んで使わなくなるとちょっと勿体無いし・・・と言い訳しながら未だに購入に至らず・・・とほほ
> でもいつかは読んでみたい本です~

snowwhite さん

コメント有り難うございます^^

手作りされてる方には確かに
必要ないですね。(笑
それに3150円という価格が
一般の参考書に比べて高いということも
ありますからね。。。。

ネットで成分検索すれば出てきますから、
検索になれてる方ならそっちのほうが早い
と思います^^

私の場合ちょっと作業が遅いので購入したんですね。
個人的にささっと調べられるので、重宝していますよ^^
2010/06/04(Fri) 00:22 | URL | はる | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。