上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 過激なCM等の影響? 


 かどうかはわかりませんが、シャンプー剤に薄毛の
 改善効果を期待されている方が多い
ように感じます。


 ●カルプDとか大がかりなCMは想像力を
 かきたてられますからね。


 基本的にシャンプー剤の立ち位置は頭皮や髪の汚れを
 落とし良い環境を整えること
なのです。


 育毛や発毛を促すためには毛乳頭まで浸透させないと
 なりませんが、シャンプー剤はそこまで届かないのです。


 例えばもし仮にシャンプー剤が毛乳頭まで浸透したと
 しても洗浄剤や防腐剤などの刺激成分まで行き届いて
 しまうので大変なことになってしまうでしょうね^^;


 男性型脱毛症に効果があるミノキシジル外用薬のように
 限られた成分は内部に浸透することができる
のです。


 皮膚でいうとステロイドがそうですね。


 シャンプー剤の役割をはっきりさせることで、
 もうあれこれ迷わなりますので頭に入れておきましょう。


 シャンプー剤はなるべく低刺激で洗浄効果の低い
 ものが頭皮や髪にやさしく、脱毛予防という点では
 有効だと考えられます。


 その中でもカラーやパーマで傷んだ髪にはアミノ酸系が
 ダメージ修復能力だありますのでお勧めです。

 低刺激のシャンプー剤についてはこちら


 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。