上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは^^


 お勧め本シリーズ始めました!


 今回の紹介はこちら↓↓↓



 菌子ちゃんの美人法(青木 皐)

 この本はtoraさんのブログで紹介されていて、
 表紙が個性的でかわいいし、記事がとても
 興味深い内容だったので購入しました^^

 こちらがその記事です!

 著者の青木 皐さんは菌専門の医学博士で皮膚や
 体内に常在する菌とうまく共生することで、
 健康で綺麗な肌になると提唱しています。

 
 私自身、実際に読んでみてとても参考になったので、
 感想を書いてみました。



 【皮膚常在菌と肌】

 皮膚表面には天然の保湿クリームを作りだす表皮ブドウ球菌と
 痒みや化膿の原因となる黄色ブドウ球菌等が常在していて
 前者が良い菌で後者が悪い菌というわけだ。

 
 良い菌である表皮ブドウ球菌は皮脂や汗を好み、
 黄色ブドウ球菌は乾燥やアルカリ状態を好む。

 
 つまり育菌理論で言えば、皮膚に適度な皮脂や汗が
 あれば表皮ブドウ球菌の数が多く天然のクリームが
 肌の乾燥や雑菌などから守ってくれるが、乾燥状態や
 アルカリ性に傾いてると黄色ブドウ球菌が増殖し
 痒みや様々なトラブルを巻き起こすというもの。


 ここで大事なポイントは洗浄剤で洗いすぎない
 という事。

 
 そこで適度な皮脂が残るように実際に試してみた。


 私の場合はもともと乾燥肌なので、洗浄剤を使うと
 乾燥して顔がカサカサになるためお湯のみで洗ってみた。
 

 石鹸で洗った時のような爽快感はなかったんだけど、
 理論通りカサツキもほとんどなくとても良い状態だ。

  
 清潔感や一般社会の常識?から毎日体をボディーソープや
 石鹸で洗う習慣が身についているのであるが、実際それって
 本当に必要なの?という事について考えさせられる一冊だと思う。



 この他にも体内の常在菌と便と健康に関しても解り易く
 書かれてあるので買って損のない内容です。


 ところどころ出てくるイラストもかわいいよ^^


 ランキングに参加しています。応援ヨロシクです。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。