上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薄毛・抜け毛治療は病院で-AGA克服日記さんの
記事を拝見させてもらいまして、ザンドロックスが
販売停止しなっていることが判明しました!


理由としまして、
「米国FDAにより、現在より弊社の製品が未承認薬品に指定された」
とのことですが、詳細についてはわからないようです。

ミノキシジルの濃度の問題ですと、
高濃度の類似商品等も問題視されるはずですから、
濃度の問題ではないのではないかと考えられます。

とすれば、ザンドロックスに配合されている成分に
問題があったのではないかという疑いが浮上してきますね。


とりあえず、今現在ザンドロックスを使用されている方は
一旦使用を止めてしばらく様子をみることをお勧めします。


これによる副作用についてはまだ聞こえて
いませんので、緊急性を帯びたものではなさそうです。


また有力情報が入り次第お知らせしますね。


応援宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
 男性型脱毛症(AGA)で悩む人は多い。

 男性の内3人に一人は発症すると
 いわれていますので、多い事は当然だと思います。


 最近私も頭頂部の辺りがちょっとあやしいな?
 と感じています^^;

 猫っ毛なので、一本一本がとても大事だと認識しています。


 AGAはフィナステリドやミノキシジルという
 有効的な治療薬があります。

 
 フィナステリドは約90%の割合で発毛したや
 進行が止まった等の改善効果が期待できます。

 
 では何故AGAで悩む人が後をたたないのか?


 その理由にフィナステリドの治療代があると
 考えています。

 
 医師の処方により1ヵ月6500円と考えて
 一年で78000円、20年仮に服用したとして
 156万円
という膨大な治療費がかかります。

 海外旅行が何度できることでしょう^^;


 リーマンショック以降、景気が低迷し
 一ヶ月の治療費に6500円を捻出する事は
 厳しい方も多いと思います。

 私の今の所得ではまず無理です^^;


 しかし、海外から輸入する場合は国内製品と
 同等品を僅か1ヶ月あたり1600円で
 入手する事ができるんです^^

 まとめ買いすると、もっと破格の値段になるのですが、
 単純計算で12ヵ月で19200円、
 20年で38万8千円という現実的な値段になるんですね。


 国内製品と比べると20年で117万6千円お得というわけです。


 これは国内製品のプロペシアと海外製品のフィンペシア
 と比べた場合です。


 海外製と言うと、以前は安全面に問題があったのですが、
 最近では専門期間で成分調査をしっかり行っているので
 安全面も問題ないといえます。

 もちろん、自己責任での使用に変わりはないです。


 金銭面で服用を考えてたのであれば、
 海外製品も選択肢として検討してみてはどうでしょうか。


 お勧め輸入代行業者の関連記事


 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
 こんばんは~

 今まで薄毛の事に関して記事にしてきましたが、
 読み返してみるとAGAについて触れていなかったので、
 今更ですが、記事にしてみます。


 AGAは男性にも女性にも最も多い脱毛症で
 男性に至っては3人に一人が発症すると言われています。

 女性に関する記事はこちらで紹介していますので、
 この度は男性についてご説明しますね。

 【特徴】

 : 前頭部や頭頂部に症状が現れる

 : 発症部位の髪が細く短い

 : ゆっくりと進行する

 【原因】

 AGAの原因は男性ホルモンと5αーリダクターゼという酵素が
 反応してジヒドロテストステロンという物質が作られ、
 ジヒドロテストステロンが髪の発育を抑制するためです。

 特徴である前頭部と頭頂部に症状が現れるのは、
 5αーリダクターゼがそこに存在しているから
で、
 後頭部や側頭部に影響がでないのはそのためです。

 【治療法】

 治療方法としてはAGAの原因である5αーリダクターゼを
 抑制するフィナステリドと発毛を促進させるミノキシジル
 があり、かなりの発毛効果が期待できます。

 フィナステリドに関する記事はこちら

 ミノキシジルに関する記事はこちら


 AGA以外の脱毛症

 円形脱毛症

 ひこう性脱毛症


 脱毛症によって治療方法は異なりますので、
 まずは自分の症状はどの脱毛症に該当するのかを
 認識する事が改善への第一歩だと思います。


 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
守り  →  フィナステリド
 
攻め  →  ミノキシジル

 

 こんばんは。


 早朝や夕方は涼しくなりましたね^^


 仕事が終わってから週2・3で軽く運動しているのですが
 ここ最近になって涼しくて気持ち良いです。

 夏バテで食欲がいまいちだったのですが、
 かなりましになりました^^


 
 男性型脱毛症(AGA)に有効な治療薬に
 ミノキシジルとフィナステリドがあることは
 以前紹介しましたし、知ってる方も多いと思います。


 「どっちが効果があるの?」


 よくある質問の一つなのですが、
 どのような働きなのかをみていくと
 わかってきます。


 まずフィナステリド(プロペシア)ですが、
 プロペシアは脱毛原因を抑制する働きがあります。

 ようするに元々備わっている発毛力を取り戻す治療薬で
 発毛効果を高めるものではありませんので、
 守りの薬といえます。

 次にミノキシジル(リアップ×5)は
 毛乳頭細胞に働きかけ発毛を促進させる
治療薬で、
 攻めの薬といえます。


 一見守りと攻めと言われると攻めの方が優先だと
 考えがちですが、脱毛原因を野放しにして
 発毛を促しても効果は低いので守りである
 プロペシアが優先であると考えられます。

 
 更に言うとリアップ×5では前頭部の症状には
 改善効果は期待できないという事ですから
 症状に応じてもプロペシアの優先度が高まります。


 人によっては体質上の相性やライフスタイル等も
 ありますので絶対ではありませんが、優先度という
 点では参考になると思います^^


 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
 こんばんは~

 
 円高が止まりませんね^^;

 リーマンショックで受けた損失は未知数だとは
 噂されていましたが、欧米諸国にとってその
 溝は想像以上に深いのでしょうね。。。

 日本も輸出関連業者は大変厳しい状況でしょうが、
 どうにか乗り切ってもらいたいものです。


 はい。


 去年9月に発売されたアボルブという前立腺肥大
 の薬がAGAにとても効果があると期待されたのですが、
 今現在根強いのはやはりプロペシアやフィンペシアのようです。


 アボルブとは商品名でデュタステリドという成分が
 薄毛の原因となる還元酵素5αーリダクターゼーⅠと
 5αリダクターゼーⅡを抑制する
とされ、国内で前立腺肥大の
 薬として認可されたので保険の適用を受けられるとして
 注目をあびたようです。

 
 フィナステリドが5αリダクターゼーⅡだけ
 抑制するのに対してデュタステリドはⅠとⅡを
 抑制する
のでより効果が高いとされています。


 しかしあくまで前立腺肥大の薬ですので、
 今まではAGAの薬としては手法できなかったようですが、
 最近になって1万円前後で処方されるようになったようです。


 1万円前後と言う事なので保険適用外ということに
 なりますので、プロペシアの相場よりかなり高く
 なってしまうようです。


 私の想像ですが、プロペシアを使用してもあまり改善が
 みられない方にも効果が出る可能性はあるのではないか
 と考えています。

 プロペシアで抑制できない5αーリダクターゼーⅠが
 原因である可能性もありますからね。


 デュタステリドはまだまだ実践記事が少なく私も
 まだ情報不足ですので、もしお詳しい方いらっしゃいましたら
 コメント頂けると嬉しいです^^


 今後も情報収集を続けていきますので、進展があれば
 また報告しますね!


 ランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
fx
日本レコード大賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。